So-net無料ブログ作成

北九州市を警察庁長官が視察=工藤会対策で捜査員激励(時事通信)

 警察庁の安藤隆春長官は13日、北九州市を訪れ、指定暴力団工藤会の取り締まりに当たる福岡県警北九州地区暴力団犯罪捜査課などを視察した。捜査員らに対し「北九州地区の対策、住民運動、警察の戦いを全国民が見守っている」と激励。反社会的勢力排除に力を入れる同市の北橋健治市長と意見交換する。
 福岡県には全国最多となる五つの指定暴力団の本拠地があり、県警は1月、暴力団対策部を新設。同課を「室」から昇格させ、北九州市に拠点を置く工藤会への対策も強化した。
 同県では先月、暴力団追放運動に取り組む自治総連合会長宅への発砲事件が発生。今月には西部ガス(福岡市)の複数の関係先に相次いで銃弾が撃ち込まれる事件があり、県警はいずれも工藤会が関与した疑いが強いとみて捜査している。 

【関連ニュース】
〔写真特集〕多発する銃犯罪
マンションにも弾痕=組幹部出入り、抗争警戒
工藤会本部を捜索=ビル発砲、関与の疑い
西部ガス狙い連続発砲か=役員親族宅にも弾痕、けが人なし
川崎汽船のコンテナ船、2発被弾=けが人なし

<郵便不正公判>村木被告、涙で無罪主張 関与改めて否定(毎日新聞)
火山噴火 政治、スポーツ、芸能活動にも影響(産経新聞)
がん検診受診率、「なかなかショッキング」(医療介護CBニュース)
普天間移設で抗議集会=鹿児島(時事通信)
「沖縄」密約開示命令、西山さん「超完全勝利」(読売新聞)
nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 1

NO NAME

初めは痛いだけだったがやがて慣れてきたのかその痛みも多少和らいできた。
その代わりに中島大士のモノが司忍の中を動くたびに、腸内で痛みより快楽が占める比率が大きくなってくる。
「うぅっ…あぁ…大士…気持ちいいです。」
「俺もだ…」
「良かった…大士も忍で気持ちよくなってるんですね…っうん!」
…正直言うと、もうこっちも余裕が無くなってきた。」
ピストン運動を続けながら中島大士が呟く。正直こちらも限界が近づいている。
「忍も…イキそう…大士、今日忍、安全日なんです。だから…中にっ!」
「忍っ…もう限界だ…」
「はい。なかしまたいし、いつでも…どうぞ。」
「うっ…くうっ…」
中島大士はそのまま司忍の中に精液を発射した。熱いドロリとした精液が司忍の腸内に注がれていくのが分かる。
「イクっ…イっちゃう…」
殆ど同じタイミングで忍も達してしまった。はぁはぁという二人の荒い呼吸が室内に響いた。
「…もし直撃したら責任は取らせてもらう。」
抱き合いながら中島大士が呟く。
…はい…その心構え、立派だと思います。」
「男としてそれくらいは…な。」
  暴走族が山口組の組長を孕ませたとあれば色々と問題になるだろうがその時はその時と開き直る事にした。
by NO NAME (2015-08-01 02:12) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。